やる夫で一杯 HOME > 月別アーカイブ [ 2011年10月 ]







ブログパーツ アクセスランキング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

やる夫の友達はSNEG(それなんてエロゲ?)のようです あずにゃんアナザーエンド 「あずにゃーん!!」

16 SAN値直葬 ◆ltPhPWT046 2011/10/31(月) 00:01:38 ID:eJCYhvW2

それではそろそろ投下します。

17 小さな名無しさん@この板は300レスまで 2011/10/31(月) 00:01:59 ID:eJCYhvW2

 あずにゃん好感度MAX
 時系列 『きっと誰もが幸せになれる方法』後









     二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
     .  //     | |          /| |    //    | |          /| |
     .//       | |  /.       //| |  //      | |  /.       //| |
             | | //      /  .| |  /        | | //.          | |
             | |/          | |          /| |/          | |
             | |            | |        //| |            | |
             | |        _  | | _         | |            | |__
     三三三三三三三三三三三 ..|\\蒜蒜\\.三三三三三三三三三三三三三..|\\
      \       日 \     :|  \\蒜蒜\\  \       日 \     |  \\
     \. \          \  \   \\蒜蒜\\  \ 日       \   \  .\\
      ̄|ヽ  \          \   \ ..| ̄|ニニニ| ̄|\ \          \   \  | ̄|
       | \  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||\ ゙\|  |..   ..|  |  \  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||\ .\|  |
        ̄ ̄| ||              ||\| ̄ ̄  |    |   ̄ ̄|  ||              ||\| ̄ ̄  |
      ̄ ̄ ̄                ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                 ̄ ̄ ̄





                / ̄ ̄\
              /   _ノ  \
              |    ( ⌒)(⌒)
                  |     (__人__)      文化祭の時お前がよく話しあえって
                 |      ` ⌒´ノ
              ,|         }       言ってくれたお陰でミクともうまくいくようになっただろ。
             / ヽ       }
            く  く ヽ     ノ        ありがとうだろ。
             \ `'     く
               ヽ、      |
                   |       |







        /::::::::k'ノノ: ィ'   .: : : : : : : : : .. . : : : : 'ノノ:ノ: : /、
        /::::::::::::仄「i.:´: : : : : : : : : : : : : : : : : : :仄「i.:: : : /\
       /:::::::::::::/ム_i| : : ___: : : : : : : ∧ __ : : : :: /ム_i|_: :::: : |
       / :::::/「`ト|N: :´,イ`/\ : : / ヽ: 7ヽ: : :ト|N:||: ::: : .:|
      ,'.:: : : :.}[II)!i }: :/ レ'   \/   V  Ⅵ: : │: : : : : : !
    .  !: : : : .::|:.! |」」.//:| .ィ=ミ    ィ=ミ  ! ∧:::.:.:.:.: : : |
      i: : : : : .:!    l |:;|               ノⅣ |::.:.:.:.:::.: : |
      |: : : : : .:|     |/ri^ixx  、__,   xxrvィ:   | : : : : : : :i        うん、やる夫くんのおかげだよ。
      |: : : : : .:|      .〉、`ー-、 .___ ,.-‐' /__.  | : : : : : : :|
      |: : : : : : !     .l `ァ__ 〉‐‐┤_r イ./l\.!:: : : : : : .:|
      |: : : : : : |  ./ | l´: : : `i  i´: : : `i./   |::.: : : : : : :|
      |: : : : : : |  / : l /` ‐イ、ヽ、`l ‐-t'/.    |::.: : : : : : :|








                 ____
               /⌒  ⌒\
              /( ●)  (●)\         それは良かったお。
            /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
            |     |r┬-|     |       それで今日はなんで呼ばれたんだお?
            \      `ー'´     /




.

スポンサーサイト

やる夫とバカとドール達で学ぶ化学 こぼれ話 有効数字について&前回の解答

117 ◆vrr7TyS1aA 2011/10/30(日) 13:45:41 ID:7fCj8WY.

           ∨三三三三三三三三三三ニ/
      __  lニ>‐ '´ ̄ ̄ ̄` ー<三三/
     〈三三二ニ―‐- 、 ___     `ヽ|
     ∨三三三三三三三三三三三三二二ニ¬
       ヽ三三二ニニニニニ二二三三三三三/
       Y´::.::.::.::.::/:l::.::.::.::.::.:\::.:`ヽ::<三/
.       ,'::.::.::.::.::.〃∧::l::ヽ::、::.::.ヽ、::.`、:l:T
      |::.::.::.フ7¬‐、ヾ、:\>、:|-ヘ::.::.}::!:|
       {::.::/代了圷ミヽ. \行‐t予l:ノ/::|    …今まで、特に書いてませんでしたが
         !::.::.::.:| ゞ-'′  \  辷シ '/:/::./    理系の人に重要なアドバイスをします!
       |::.::.::.:ゝ       ,       厶ノ::.;′
       ヽ.::.::l|ヽ、    r-、     /::.::/     それは…
           \:ト、:j> 、   _,.ィ:´::;:l:: /
             ヽ ` ,.イ `¨´ ト、レ'|/ |:/
            __,. '´_>v< `ヽ、′
       ┌イ  //了,ハ\\ヽ `┬ァ
       /7 |  { く/ノ/引ヽヽノノ  | }-、
.      /:.:.:.:{ |  `ー'´//l弓| |`ー′  | } :.:l
     /:.:.:.:.:.{ |     // ]弓ト、ヽ     |「 :.:.|

118 ◆vrr7TyS1aA 2011/10/30(日) 13:46:02 ID:7fCj8WY.

                     _, -―‐,r_j_ャ、                  _
                ,〈`ヽ、   {l´ ヽiユiュ                    / }
                  / ,\ ` ー- r―:薔:、ツ               ,ヘ、/ /
                 ,  /  ``ー 、__ゞ´、>イヘ             〈_ ~>づヽ
                 ! イ ー-、    , -ー'くヽ !          / < `イノノ
                 ', l ィぅ:ミ     ィぅ:ミ ハV        /   く  )
                  ゞ ゞ=″.::!  ゞ=" ムツ       , ′     L、`〉
                /{ハ    T⌒T    ハソ\     /  ,      く、 )    ズバリ、有効数字かしら!
                l_- ゝ、  ヽ..ノ  ィ¨ー__,ノ-、   / /        t 〉
                 !, -=、/>:.二.:<lz―-イ 、 i_/ /         く 〉
            , -‐'´L_ソ 〈/¨\〉く, =く  ヽ            」 〉
            /.    く_」 : : / c ヽ: :l|iー'7  ,  , -ー‐、       く  〉
            l i     L.ノ!: :|: :c: :|: :l|`ヽ.」 '´  /     `丶、     ノ 〕
            〉 ‐ _ト 弋:_:_c_:_:_ノ  ̄r---‐'′         ` ' ー-ムノ
          /  /´ 」   /T\   -L_              ヽ/
      r‐ '´ ー、l/  /‐'    」!      `ヽ
      !       | /       /」_\         \
      |     /        /ノ: :ゝ ヽ          ヽ



      / ̄ ̄ ̄\
    / _, 、_ \
   /  (●)  (●)  \        有効数字???
   | u   (__人__)    |        何のことなんだお?
   \    ` ⌒´    /

やる夫の気持ちは恋なのでしょうか 第2話

79 ◆XDD/DkyjV6 2011/10/29(土) 11:59:57 ID:Y9vK14bg

○ はじめます。

80 ◆XDD/DkyjV6 2011/10/29(土) 12:00:21 ID:Y9vK14bg


               jj,.-;;‐'''''-__,.-‐ 、r'⌒>r‐_ 、,
            __/ ii‐ 、`´ ‐ 、`゙ r‐'⌒_ ><´`ヽ `r-、
          /   ヽ_ y-ァ‐''⌒ ー ''` )ヽヽ {  ヽ ヽ
           ,∠⌒ ー‐ 、゙ ヽ,-- 、`ヽーく  ( ヽ.`  jへヽ
        / {  `-、_ノ, -―-、  ヽ __ヽ ヽ ヽ  } r'`ヽ } }
        ,ヘ -r 、  {  ,ゝ- 、  ゝー 、__丶、 \_  `{ } } Y
       /  ┌──────────────────┐
       1  │ 人間は自分自身を洗脳できる生き物だ。 │ヽ
      /Y└──────────────────┘::}
      /、{ {  ヽ{_ /  r ーヘr  〈, -- へ __ノ  , r'´ }、/::/7
       { ヽ ヽ   ,-く_ ,.-'―  }  ゙ヽ  }\_ r ノ、 //_;::::::/
      '、 、_て ` r 、   ー  ,. - '   ノ ̄ __ノ`ヾ__ }く-:::::イ
       ヽ_l ー ヘ 丶、_,  (  ,  / r イ  / / //7>イ´
        `, - _ { `7 _ ノ   てー( _ ノ _,ィ  ゞr''"´
         ヽ、 ヽ(  ⌒r-- フ /    ノ_,.-'´ ゙
          ` 丶ヽ ̄  ー -- ィ _∠-‐''´
             `゙''ー‐fー;‐'''"~

81 ◆XDD/DkyjV6 2011/10/29(土) 12:00:37 ID:Y9vK14bg

┌──────────────────────┐
│ ドン・キホーテは己を騎士であると思い込み、...   │
│ いつしかその思い込みは周囲にまで波及していく。 │
└──────────────────────┘
.    V:::::::::::::::::::,'        i !::Vli !::ヽ;::::::::::::;ノ      ─┤|
.     V:::::::::::::::::i       ,/.ハ::}八 ヽ:::::\:::(      __|
     \:::::::::::::}    /´ {:::/:{::::`) ):::::/V´\
.         `ヽ::::::|      |〈〈_):://::::/ ̄三`ヽ     |
.          \l      l:::} |::::| i///  /´三ニミ、   |
          l      |ヾ \l N/ ノ/,-、  リ  ニ レl
          !        l  / 、トN、__,ノh j:::/   _/
           l        ; ノ/7フノ    ,-}ノ仄l´     ヤ
          !      ;._,ィ'/`ヽ   /_,j/) |      ̄/
            ;       i彡} ーtテラミ  {リ |   l    /\
          ;      l、(,そ ´ ̄    >│   !
.          ,      : ll |ヽ       r_ァ /   l
            ,     .: トN、 \    ー/   ;
          ,'      .:: レ} ノ   ` T ´     ,'
.           ,       /  \     l   / i
        i     ,'  i  \ 、  {ト、  \ !
.           '.    i   l   VL__ l ` ==Ll__
.           ',        l     } | \    `ヽ.\
         ∧             j ヽ   ヽ_\ _厂ト--、
        〈 : ',        /  ',   \ ̄ヽ │   \
           V∧       /          V!   / |
           V:∧      /          ,   |   ,' l
   ‐┬ァ.      ヽ:::\___/  、      、_          ∧
    ノ´       \ 、 \  ヽ         /l\  \ ヽ
   _,ノ           ) \ ヽ  ' ,     /l |│ `ヽ/`ソ
    |         / ヽ  \ 丶、 `    /│l    / |/
   l |          /    |   `         / l   / i
   ノ       ー---/   \   \ i │ /   ;
  ‐-         ┌───────────────────┐
   __/      │ 単なる下女も、姫だ何だと持て囃されれば、 .|
    ツ     │ いつしか自分を誤解する。               │
    /     ..└───────────────────┘
    ・                 /:::. /:::::::// ̄7ァー-,、__  _,ノヽ.
                  /:::::: .::::::::::::::.    .:::/::: ̄::::ノ::. ::::|

82 ◆XDD/DkyjV6 2011/10/29(土) 12:01:01 ID:Y9vK14bg



                    ┌──────────────────┐
                    │ 役者は演技を続ける内に、         .
                    │ 自己と役の境界線が曖昧になるという。 .
          ∨ {:::|│   \- └──────────────────┘
.    /:::::l_ / ∨`{:l |    \:.\ \ \ ヽ._ \
     {:::/ /    ,V  |V´\   \.:\ \ \_ ̄ ̄/>、
.   /// __./ ∨ | lV: : :\   \:.ヽ. \/ ___} | _
.   /  |l / ̄ ̄ ̄\  \ ヘ : : : \   \.:\  / / ̄ ̄   ̄`ヽ
  ト.、 |l/  、_ニニミヽ   |ヽ::j\: : : :\    ̄`  l |  __
  〈:::ハ  ,/ f化ノ/'" ヽ \ \ : : : \   , j /  ̄ ̄  ̄__二ニ
   ∨:ハ  `エニ´ 〈        \{\ : : : l|ヽ  j/   -‐
 |  V ∧ ´    ヽ   \   \_\: :リノ   / ̄ ̄`ー---─┐
 ∨  ヽ \     \__/  }ト、  \__/     ・ . :       }ノ
.  ∨::ヽ \__.>     ,へ--ァコ : : :\  /   l    .        {  j
   ∨:::| | |l     /_/二´___ ヽ: : :\ハ : /    ・ ,    〉//
.   Vノ ヽ|ヘ    〈_ --─\       ∨ l ___,.z===-/ ケ
.     ∨  | ∧           「ヽ\     / . ー‐=ァ二ヽ、__ノ /-ノ
      ∨  \∧         |: : :\\: :/, , /・  〈 fッi} ノ ,  し'
.      \ヽ ヽ',         \__: :ヽ. /  〈 : ヽ'^ー┬く /   fl
         \\ \    ,. -  \ :〈   ノ    : .  /   /リ
        |\\::\___/  -、 \ ノ‐'´ : . 。    /  /一'
        |〔:: \| ̄| \   \  ト-__、  :      , '  /ヽ-
.          |/ ̄} |::) |  `ー==ミヽこ __,     /   ィ
.         V::::ノ V (|-─= T  ̄人       _ <
          \  \|     ノ    `ー--- <






        ┌──────────────────┐
        │ ……そう。人間は、                   │
        │ 自分すら騙せる嘘偽りの生き物なのだ。...
        └──────────────────┘

やる夫の友達はSNEG(それなんてエロゲ?)のようです 埋めネタ

277 SAN値直葬 ◆ltPhPWT046 2011/10/26(水) 23:19:24 ID:oyrLwZ42

埋めネタします。



       ttp://www.youtube.com/watch?v=LK1DrTOU_-Q



              ____
             /       \
           /       ― ヽ
          /         ( ●) '、
          |             (__ノ_)        『彼氏の見ていた巨乳の子』
          \            `_⌒
          /           \






                 イ/::::/::::/::l;:::l:バ`´ヘ::l:::::::::::',::',
                /ノ;:::::;'::::;':::/!:::ハ::|   Ⅵl::::',::::、:',
               ,'/:;'::::::l:::;l:_;L|::;' l::l'"゙''''ナl:l:::::',::::ト;',
               ('l:;'::::::::lz'「/ ;'/ ,'/  ,ニ∠、l::::::l::::l:N
               ,' |:;::::l::´::lレ,ィト /  ´Vぅハ Y:::;::::l:|:ハ
               {. ';:';:::';ヽ:'.マ:;ハ´     ゙ー'"/;::/::::リハト)
               ヽlヽヽ:ヽ、 '‐'′ ,    //イ;::::;':'l|:lメ             『胸の大きさは一等賞』
                V`ヽ、ヾヽ、  .__,.   ´/:/::::;':::lハ' ヽ
                //:::∧:`',ヽ`  `´  ,. 'l/:::::/::::ノ|   ',
        ,. ' ´ ̄`ヽ //::::::::∧::::',:::ゾr-_、..ィ'‐''7:::::/:::ト::::',l   ',
       /      ノノ::::::::/':::',:::ハ´{´`γ' ´', ':::::/,l::::ト、ヽ、_  ',
       { ,. -‐   ,.. '::´:::::;:rr' ' 7ハ:::ハ ヽ.y'   /〃/ ',|::::l ヽ、__「ト、r;、
       l,'  ,..`':´::::::::::,.< l l //ノ::::::} 〉  ,:':/,::/  l';::::',    l.l ,',' ヽ
       >'´::::::::::::::::::,:l   l l//ノ::::::ノ /  // ;'::'  ト.',::::',   ∨/  l
     . /:::::::::::::::;::::':´:::l   〉'.:'::::;__'__./  ,':,' {:::l l、l ヾ、:ヽ=‐-__ヘ.  l                  ____
     ':::::::::::::;:: '´::::/:::;| ,.:';´-' ´ ̄/イ  {::{  l:::|  ',  ':,ヾ、゙ヽ、',`.  l  、              /⌒  ⌒\
     :::::::,ィ/:::/'::/::/,l(:,'   <  / l_ ';',  ';:',   ',r-' _>'、 ヾ';.  l   l    ',        。o(゜>)  (<゜)o 。
     :/:/:::://:::/:::,' ;:', ;     `丶ニ_ `ヽ-' ';:',_-=' ' ´  ヽ  ソ. ; ,.-、 lヽ. ヽ.}       /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
     ' /:// {:::::ハ::{ {::::,.l         `' ‐`、'ヘヽ、     ) l. ;   );::::l ∧       |     |r┬-|     |   て
     ../ィ' /  ';::l l:::l l::::', ',       _ -‐_ `゙ ヽヽッ     ,:l ヘ  ソ,'::::;' / }       \      `ー'´     /( `´) そ
     /::{ /   '::l ';::',';::::', ヽ、    ゝ__',..' ´、-_ `¨´ }    ,イl l .ハ∨ノ:::ノノ  ,'  }、    /           \ノ ノミ
     ' l:l {   `ヽヽ:ヾ:::',  ヾT ー ' ´      ` ' -ノ--‐ '/ l l'、ヘ.リ }::;/´  /  ノ::    |\ \・      ・ \____ノ



.

やる夫の友達はSNEG(それなんてエロゲ?)のようです ミクアナザーエンド 「みっくみくにしてあげる」 

112 SAN値直葬 ◆ltPhPWT046 2011/10/28(金) 22:30:42 ID:3WomIpLk

それではそろそろ投下を始めます。
今日はミクアナザーエンドからです。

113 SAN値直葬 ◆ltPhPWT046 2011/10/28(金) 22:31:20 ID:3WomIpLk

 ミクの好感度MAX
 遊園地イベント在り。
 時系列 本編と同じ






                      _, <zニ-―― | |:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.\
            __      ,ィ イ":.:. /:.:.:._∠_」 !:.:.:.:.:.:.:.:.:!.:.:.:\  /
      .    /     ̄ ̄\ /:.:.:/:.:,>‐ ''"′   ぃ:.:. l:.:.::.:.:|:.:.:.:.:.} //
         /      \   〉:.:.:.l''´          ぃ:.:|:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.|レ
         {        ヽ l:.:.:.:.|        -― 弋: !:.:.:.:. |:.:ヽ:/
         |        、! |:.:.|:.:| / ̄    ,_   ∨:.:.:.:.:.|:.:.: 〉
         l        \!:.:.l:.:l   ミ    テモぅュ〉:.:./: ハ l/
         ∨         |:.i:.:い ,ィてう      込リイ:. /:.:.j‐〉!l
          ∨        l ト ヽヘヽ弋ソ     ヽ-'/:,イ:.:.:/イ |
           V        !ハ:.:.:\、   ,     /イ/:.//           今日の練習はこれで終了。
           V         ' ヽ:..!:.',        '//:./ /
            V          丶:.:ヽ、  ‐ '"   /.:/ /            各々片付けて帰るぞー。
      .       V         .|:.:.:.:.l>- 、_ イ!:/ /
      .       \       .r‐|:.:ィノ/ ム -'" イ:/         /
               ヽ      | |//zァ-ヘ //         /
                V   .r‐┘//ィj l | .V/          /
      .           V  ,イ  ///フ,イ ljレ´ \         /
                 V/ |  / { '// !j /   /         /










                    ___
                 .....::´:::::::::::::::::`⌒丶、
               /:::::::::/:::::::/:::::::::::::::::::::::ヽ
          .     /::::::::::::/:::::::/:::/:::::::::::::::ヽ:::ハ
              {/::::::::|::::::::::::,'|:::∧::::::::}:::|::::::::.
             /::ヽ:: ー=| ::::::i:/ |/⌒ヽ:::八j :j::: |
          .  /::::::::}::::::_| ::::::|テぅト、  ∨⌒V :::i|
            ':::::::::リ::Y´ | ::::爪)ソ    rぅト、}:::::リ
          . / ::::::: ∧人_..|:::::i:| 、、    Vソ /::j/
          / :::::::::;'  \::::| ::::i:|        、、':::/            やる夫くん、それ重くない?
          :::::::::::/     ヾ| :::::i|   `  ノ∨
          ::::::::/     ,人 ::八> -r::::´::|::ノ             大丈夫?
          ::::::;'    ∠二Vニ\> | :::::: |/
          ::::::i     「        `⌒^ヽ:::|
          ::::::|   /            ∨
          ::::::|  ./           │
          ::::::|  ′           j
          ::::::|   |   \ |      ノ
          ::::::|   |     ∨    _彡ヘ
          ::::::|  |     {        、_ノ



.