やる夫で一杯 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 小説 やる夫が管仲夷吾のようです > やる夫が管仲夷吾のようです 其之参







ブログパーツ アクセスランキング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

やる夫が管仲夷吾のようです 其之参

97 おぷ~な ◆gph8uxcaQ2 2011/03/27(日) 01:34:52 ID:CJgUXUjk

┏┓                                            ┏┓
┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
┏╋────────────────────────────╋┓
┃|                                            |┃
┃|             第三章  麗人                      |┃
┃|                                            |┃
┗╋────────────────────────────╋┛
┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
┗┛                                            ┗┛

98 おぷ~な ◆gph8uxcaQ2 2011/03/27(日) 01:35:04 ID:CJgUXUjk

-鮑叔の家-
               ┼                                ┼
             /⌒ヽ                            /⌒ヽ
              (;!___!_)              /\            (;!___!_)
             (;;_i____i__)_____________________.//\\ _____________________(;;i____i__)
                !XXXXX| ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ::://三三\\; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;;;|XXXXX|
    ___________________[三三三] ; ; ; ; ; ; ; ; ; //:i |:::iニ|:::i |;\\; ; ; ; ; ; ; ; ; ;;;[三三三]___________________
  /; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;!|;;;;;;;;;;;;;/_;_;_;_;_;_;_;_//::::::i_|:::i__|:::i_|::::;;\\;_;_;_;_;_;_;_;;;;\;;;;;;;;;;;;|; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; \
/;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_|;;:::::::::::::::!::::::::::::::::::;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::::::::;;i;;::::::::::::: i;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_\
.. ̄|:::::::::::::::::;:::::::::::::::: |;;:::i ニ|::::::i:::::::∧:::::::;;|::::∧::::∧::::;::::;:::∧::::∧::::|:::::::∧::::::::;;!;;:::i ニ|:::: |:::::::::::::::::;:::::::::::::::: ! ̄
  |::iニ|::iニ|::;::i ニ|::iニ|::|;;:::i__|::::::i::::: i_i_|::::::;;|::::i_i_|::i_i_|:::;::::;:::i_i_|::i_i_|::::!::::::i_i_|:::::::;;i;;::::!_,|:::: i::iニ|::iニ|::;::iニ|::iニ|::|
   |::i__|::i__|::;::i__|::i__|::|;;:::::::::::::::!::::::i_i_|::::::;;|::::i_i_|::i_i_|:::;::::;:::i_i_|::i_i_|::::!::::::i_i_|:::::::;;i;;:::::::::::::::| i__|::i__|::;::i__|::i__|::|
  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; [三三三]三三三三[ 三三三三三三三三三]三三三三:[三三三];;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; |
  |:::::::::::::::::;:::::::::::::::: |;;:::::::::::::::!:::::::::::::::::::;;|:::::::::::::::::::::::;::::;:::::::::::::::::::: |::::::::::::::::::::;;i;;::::::::::::: |:::::::::::::::::;:::::::::::::::::|
  |::iニ|::iニ|::;::iニ|::i ニ|::|;;::::iニ|:::::i::::i |::::i | ::;;|::::iニ|::::iニ|::::;::::;:::iニ|::::iニ|:::|::::i |::::i |::::;;i;;::::iニ|:::::|::iニ|::iニ|::;::iニ|::iニ|::!
   |::i__|::i__|::;::i__|::i__|::|;;::::i__|:::::i::::i_|::::i_| ::;;|::::i__|::::i__|::::;::::;:::i__|::::i__|:::|::::i_|::::i_|::::;;i;;::::i__|:::::|::i__|::i__|::;::i__|::i__|::!
  |:::::::::::::::::;:::::::::::::::: |;;:::::::::::::::!:::::::::::::::::::;;|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |::::::::::::::::::::;;i;;::::::::::::: |:::::::::::::::::;:::::::::::::::: |
'''''';'''''''';''''''''''''''''''''';'''''''''''''''';'''';'''''''''';;'''''''''''''''''';'''''''''';;'''''''''''''''''''''';''''''''''''''';;'''''''';'''''''''''''''''';'''''''''''''''';;''''''''';'''''''''''';''''''''';''''''''''''

99 おぷ~な ◆gph8uxcaQ2 2011/03/27(日) 01:35:15 ID:CJgUXUjk

''"´ニニニニニニニニニニニニニニニニニ/
ニニニニニニニニニニニニ_ニニニニニ/
ニニニニニニ_,.. - ''': ´ ̄ : : : : : : : : : : : \
ヽニニニ: '"´: : : !:. : : : : : : : i: : : : :`ヽ : : : : ヽ
  >'´: : : : : : : : .|: : l : : i: : : '; : : : : : : ヽ.: : : : ヘ
 , : : : : : : .!: : : :ハ : :!: : '; : : : \ : : : : : '; : : ヽ : !  あ、やる夫さん!お久しぶりです
 |: : : : : : :i: : :./.ハ:.ヽ: : ヽ : :___lヽ.: : : : !: :i : :|!:.|  
 | : : : : : / : :/  _,.ヽ ト、 .l\: : ヽ \ ̄「: |: : l !:|
 '; : ; : :./: : / ̄___ ヾ:.\ヽ. >ァ水 ァ.|: l: :/ リ  その、マスターは今外出中なんです
  V : :/: ;.イ.ヾ'アュ _ !`    `` .ヒ:;;'ソ 〉! ./;/    
  l:/イ: 、ヽ  ゞ‐ '         ,,,,,, //ノ: :!:ヽ
.   |∧: ' : :ヘ.` '''''''       i     ,.イ ´: :|.|:.:.\
   ,.ヘ : : : : ヽ、       -‐  /| |/!: :ハ |:.:.:./
-、/.  ヽ: : : :l l >t- .,,_,. イ:.  )! | / .レ:/
ヽ、⌒l   \: : | : . . >ァt<ヾヽ ( ト'´:.:,.イ
<´ヘ.`ーt  ヽ:| // //ト、ヽ! |  )!.).イ:. |
:.:.:じr.l :.ヽ    ヾ ー'/ | | ー' .( .ト、:.:.:.: |

           _-─―─- 、._
         ,-"´          \
        /              ヽ  そ、そうなのかお・・・
         /       _/::::::\_ヽ  それは残念なんだお
       |         ::::::::::::::  ヽ
        l  u    ( ●)::::::::::( ●)
       ` 、        (__人_)  /
         `ー,、_         /
         /  `''ー─‐─''"´\

100 おぷ~な ◆gph8uxcaQ2 2011/03/27(日) 01:35:35 ID:CJgUXUjk

       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \    やる夫にはもう帰る場所がないんだお
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \
  |     (__人__)    |   このままだと飢え死にだお!
  \     ` ⌒´     /

101 おぷ~な ◆gph8uxcaQ2 2011/03/27(日) 01:36:06 ID:CJgUXUjk

やる夫は生きるために何でも働いた。

しかし、長くは続かなかった。

       |::
       |::       ___
       |::     /      \
       |::    /\  /   u. \ き、聞いてないお!!!
       |::  / (○)  (○)    \
       |:::  |   (__人__)    u.   |  そ、そういったお仕事だなんて!!!
       |:::  ┫ u.` ⌒´      /  ╋
       |/⌒╋ ̄ ̄        ̄ ̄ ̄╋ ̄⌒ヽ
       |_ノ╋ ̄ ̄|        | ̄ ̄╋ ̄ヽ_)

102 おぷ~な ◆gph8uxcaQ2 2011/03/27(日) 01:36:29 ID:CJgUXUjk

そうして、とうとう行き詰まった
やる夫は主人の家に向かった。

         ____
       /      \
      / ─    ─ \   ちわ~
    /   (○)  (○)  \
    |     (__人__)    .|
     .\     ` ⌒    ,/

103 おぷ~な ◆gph8uxcaQ2 2011/03/27(日) 01:36:40 ID:CJgUXUjk

                  ,、,、,,,    ,、、,,
            ,、-‐'゙´.: .: . `"''"´: .: . ヾ、
          ,ソ .:. :. :. :. :.: .: .:. :. :. :. :. :.:. .`ヾ、
         ,イ . :.:.: .:.ト、 .:. :.:;i .:. :..,′. :. :. :. :. :`.、
         ミ.:.:.:`ヾ,.:::k ゞ .:.ノi.:.:.,イ,:.ィ .:. .:- .:. :..::イ
         ミ.:.:.;;r'"´ ̄``ヾ州r'"´  ̄`ヾ.:. :.:.:彡    おや、やる夫
          ミ.:;;;;|               `、;:;;彡
          ゙,:;:;i   ,、、、,       ,、、、,   |;;:;!     どこにいってたんだ?
           i;;;j.  _       _   j;!
            ハ "´ ̄`  ヽ   ´ ̄`  ,イ
            ! ', ////       //// j ,!
              `ト、     _, _       ,ソ
            ヽi、            ,イ
               〈ト、   ー--‐    ,イリ
                リ:.:\      /:.:|!
              | .:. :.:ゝ ---イ:.:/  |
            , イ!  .:. :.:.:.:.:.:.:.:/.   ト、
           , ヘノ    : :. : :./  /  ト、,_
      _,,、、-‐'"´i 、  ``ヽ、     , ‐'´   / i ヽ、
 -‐''"´      | \     \ /     /   |    `''ー-、、,,_

                【召公】
 やる夫の働いていた学校の主人。やっぱり一発キャラ。

104 おぷ~な ◆gph8uxcaQ2 2011/03/27(日) 01:37:01 ID:CJgUXUjk

       / ̄ ̄ ̄ \
     /       . \  じつは・・・
    /  _ ノ   ヽ、_   \
   .|   (ー)  (ー) .  | 働き口が欲しいんだお
    \    (__人__) .  /
     /    `⌒´    ヽ
    ヽ、二⌒)   (⌒ニノ

     / ̄ ̄ ̄ \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \  出勤したふりして公園で時間を潰す仕事はもう嫌だお・・・
  |     (__人__)    |
  \__ ` ⌒´ __/
  /::::::::ハ\/Vヽ/;:i:::::::ヽ
  | :::r::l::l  ハ  |:7::::::l::|

105 おぷ~な ◆gph8uxcaQ2 2011/03/27(日) 01:37:11 ID:CJgUXUjk

        ,、、-‐.:.:.:;;;:;:. 、、、
       ィ彳.:.:.:.:.::;:;;;jリ;:;;;:;:;:.ヾ
      ィイ.:::;;、;:;:;:;:;;',;1j;:;:;:ノ;:;;:;:;;ト、
      ィ:;:;;;,r'"`ヾ;:j;llk''''`ヾミミ、;::;ミ 残念だけど、今は紹介できないな。
        ヾ;j!         `、.;:;:;ミ
       リ , --    ─-  ト;:;シ すまない。
        ハ ,rェェ、  rェュ  Y
          ヽ! , , , , l  , , , , り
         ゙、    `    ノソ
           `、 ー ‐  ,.イリ
             ,ト、 _ /  l|

106 おぷ~な ◆gph8uxcaQ2 2011/03/27(日) 01:37:28 ID:CJgUXUjk

      /      \
     / ヽ、   _ノ \  もうこの際だお!
   /   (●)  (●)   \  
   |      (__人__)     | なんだってするお!
   \     ` ⌒´     /ヽ
    /              \
    (  ヽγ⌒)        ヘ   \
 ̄ ̄ ̄\__/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          {;;;;;;;}
           L;;;;」

107 おぷ~な ◆gph8uxcaQ2 2011/03/27(日) 01:37:39 ID:CJgUXUjk

            ,,、、、ィ イr.ィ;;;ィ.、、、〉
          ,ィイ、;;.:.:;:.:;!;:.:!;:;::;:;:;:::;:;ミ、
          ,彡;:;;ヽ;:;j;;;|;:;j;;,);;,r'´;;;;:;:ミ
 そうだな、  ゞミ,r''〃,Njィイ'゙´ ``ゞミミ{
          `ト;;j_,,、-- 、  ,rー-、 ミ;;N
アレしかないな ゙i;;| ,,ィェテ`j  'テェュ, ミ;jリ
          ,N , , ,  ,)  , , , j!ハ
          lハ!    ヽ     j/,,)
             ヾ、  ー==‐'  ,斤リ
                `ト、       ,イ ||‐、______
              {` ー─ './.::::::|

108 おぷ~な ◆gph8uxcaQ2 2011/03/27(日) 01:38:20 ID:CJgUXUjk

    秘密だが、近いうちに王軍の出師がある。

::::::::...... ))  .....:::::::::::::::::.....                         ヽ/_,ヽ, ヽ、
                                         |/  ヽ、 ゝ
                       へ            /'''ー―' 、  j `l
                     /,....,,_\          ヽ  ,、___,   ゝノ ,
- ,,,_                  (' .( ;ヽ く、         ,' (    `'ヽ、   ,'
‐-,,,,,_"''' ‐- ,,,,,__            ヽヽ' ,⌒ヽゝ        ヽ C      ヽ、,ノ、
    ~""''' ‐-,,,,,_‐-,,,,,_        ヽ||/  | ヽ、      ,、 く  ゝ       `ー‐ー-
            ~""''' ‐-,,,,,_  c,,-‐''ヽ、 /ヽ ヽ、.   /__\ヽノ   /\
                    くゝ ,,-‐''   ヽ ,.-ヽ、  '、( ヽ く    '、(ヽ く    ,r゛
                  ,、 `'  "'ヽ,.-‐''"彡彡ヽ,  ヽ' ,⌒ヽ    ヽ' ,ヽ  ,r'
                 /__\'''''''''ー-/彡彡ヽ,.-'7゛c,,-‐''ヽ ノヽ"'''c,,‐'' ノヽ,r゛
                 '、( ヽ く    /,.-‐''/  /  くゝ-ー''''  ヽ   7' ,.r'
                 ヽ' ,⌒ヽヽ、  ヽ/.., /ヽ    /彡ヽ彡ヽ  ,、‐''゙
''''''''''ー―─ ー―─--,,-c ,,-‐''  ノヽヽ/    ,'...,;`/、 ヽ、   / / ヽ,‐' ゙
              くゝ-ー''''''   ヽヽ  ,' ,' ノ ヽ、 \  l_,.-‐''"
             /\     ヽ,.-‐''"ヽ..ノ、,'/    `_,.-‐''"
            '、(ヽ く    /彡/ヽ(ミヽ、Yl ,.-‐''"
             ヽ' ,ヽ  /  / ヽヽ、__`ノ
‐- ,,,,,_─ー―─---c,,‐'' ノ ヽ、(  _,.-‐''"
    ""'''――─---------ー'''"゙`

109 おぷ~な ◆gph8uxcaQ2 2011/03/27(日) 01:38:45 ID:CJgUXUjk

       ____
     /⌒  ⌒\ ホジホジ
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |    mj |ー'´      |
  \  〈__ノ      /
    ノ  ノ

110 おぷ~な ◆gph8uxcaQ2 2011/03/27(日) 01:38:56 ID:CJgUXUjk

   ┏┓  ┏━━┓         ___         ┏━┓
 ┏┛┗┓┃┏┓┃        /⌒  ⌒\.         ┃  ┃
 ┗┓┏┛┃┗┛┃┏━━ /( ●)  (●)\━━━┓┃  ┃
 ┏┛┗┓┃┏┓┃┃   /::::::⌒(__人__)⌒:::::\    ┃┃  ┃
 ┗┓┏┛┗┛┃┃┗━ |     |r┬-|       | ━┛┗━┛
   ┃┃      ┃┃     \      `ー'´    /.     ┏━┓
   ┗┛      ┗┛                        ┗━┛

111 おぷ~な ◆gph8uxcaQ2 2011/03/27(日) 01:39:06 ID:CJgUXUjk

               ____
             /      \
           / ─    ─ \   これで今までの自分と
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     | おさらばできるお!
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \

               ____
             /      \
           /   ⌒   ⌒\ 敵将の首でもあげれば褒美がたんまりだお!
          /   ( ●) ( ●)ヽ 
            l      ⌒(__人__)⌒ | やる夫の本気を見せてやるお!
          \     ` ⌒´   /
          /             ヽ

112 おぷ~な ◆gph8uxcaQ2 2011/03/27(日) 01:39:25 ID:CJgUXUjk

..      ____
     / ―  -\
.  . /  (●)  (●)  あ、鎧とか持ってたっけ?
  /     (__人__) \
  |       ` ⌒´   |
.  \           /
.   ノ         \
 /´            ヽ

113 おぷ~な ◆gph8uxcaQ2 2011/03/27(日) 01:39:38 ID:CJgUXUjk

       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  / o゚((●)) ((●))゚o \  ほんとは最新装備で戦いたいんだお…
  |     (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /



       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \  でも装備を買うお店がないんだお…
  |     (__人__)    |  
  \     ` ⌒´     /



       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   だからアマゾンでかうお!
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /

114 おぷ~な ◆gph8uxcaQ2 2011/03/27(日) 01:39:57 ID:CJgUXUjk

        ____
      /⌒  ⌒\
     / ( ●)  (●)\     「兵士 最新装備」で検索だお!
   / ::::::⌒(__人__)⌒:::::\  
    |      |r┬-|     |   
   \     `ー'´    /
   ノ            \
. /´                 ヽ                 カ
 |    l   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l   カ   タ
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.     タ
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))
   ┌ ┌┬┬┐┌┬┬┬┐┌┬┬┬┐┌┬┬┬┐
  ,. - ''"| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ρ ̄`l
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ ̄ ̄

        ____
      /─   ─\
     / (●)  (●).\   お?これなんか良さそうだお。
   /     (__人__)   \
    |      ` ⌒´     |
   \            /
   ノ            \
. /´                 ヽ                 カ
 |    l   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l   カ   タ
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.     タ
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))
   ┌ ┌┬┬┐┌┬┬┬┐┌┬┬┬┐┌┬┬┬┐
  ,. - ''"| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ρ ̄`l
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ ̄ ̄

115 おぷ~な ◆gph8uxcaQ2 2011/03/27(日) 01:40:08 ID:CJgUXUjk

         ‐´ ̄ ̄ ̄ ̄`‐、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
       |_三三{〔□〕}二{〔□〕}ェ|
      /;;;;;;;;;;;「 (●) ̄(●)`i;ヽ
      `;;;;;;;;;;_]  (__人__)  [;;;;;|
       `ゞ_ヽ_`_⌒´  _/.ィ´
      .ィ、:;:ГЩ[=| ̄.__r'゚lニニニl]_ _____/l
      / `ifニニニllニ|三__[ l===ニニl]}||||||||ll]}コl|===iニコ
      |   |l_,=-'~/ ̄ヽr」'''ニ「_,,,ll´i´i`i。_]三i三i
      トー"、」|,/\_シ'´ || |:|ll_[:l  /
      ゞ´//゙ト、_/.  ||. .|| |.`´/ー´|
      「`ト、_i,./|_|_||_||_|__| ト-‐"l
      L__」_l 三三三三三三三l`ー-イ
      r‐--ィ"゙l_Iト        イ |}⌒li
      ト‐-+/~'|.ト、____/  |二ll
       || | |三三イh三三三三|_|
       |ト‐‐<三三/ |      |

         【鷲社製白州鎧】

周都の大人気の鎧工、鷲社(シュウ シャ)の手作りの鎧。
希少な「無論」という素材を使い白州地方の様式で作られています。

116 おぷ~な ◆gph8uxcaQ2 2011/03/27(日) 01:40:18 ID:CJgUXUjk

        ____
      /::::::::::  u\
     /:::::::::⌒ 三. ⌒\
   /:::::::::: ( ○)三(○)\
    |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒  |  _________
   \::::::::::   ` ⌒´   ,/.   | |              |
   ノ::::::::::u        \   | |              |
. /::::::::::::::::     u      | |              |
 |::::::::::::: l  u            | |              |
 ヽ:::::::  -一ー_~、⌒)^),-、    |_|_______|
  ヽ::::::::___,ノγ⌒ヽ)二二二     | |  |

117 おぷ~な ◆gph8uxcaQ2 2011/03/27(日) 01:40:30 ID:CJgUXUjk

-出陣の日-

         ‐´ ̄ ̄ ̄`‐、
      /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
      |_三{〔□〕}二{〔□〕}三_|  準備完了だお
     /;;;;;;;;「(●) ̄(●)`i;;;;;ヽ.
     `;;;;;_]  (__人__)  [;;;;;_/_
     `ゞ_ヽ___`_⌒´___/_ィ´
     .ィГ Щ[=| ̄ ̄i=]Щ フゝ.
    /`i:ヽ ト「二||| ̄ ̄`i|「二| イi ゙ヽ
    /  {::;l |.二||「二||二||.二| |:;}  |
   /トーニ」...|.  |||.  ||. .||.  | }Lニ 」

118 おぷ~な ◆gph8uxcaQ2 2011/03/27(日) 01:40:52 ID:CJgUXUjk

              
  \∧_ヘ      
  / \ ノゝ∩  そろそろ集合だぜ~
 /三√´∀`) /  
  /三./| ゚U゚|\. .
  U (::::::::::::)  
  //三/|三|\ 
   ∪  ∪  

         ‐´ ̄ ̄ ̄ ̄`‐、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\  了解だお~
       |_三三{〔□〕}二{〔□〕}ェ|
      /;;;;;;;;;;;「 (=) ̄(=)`i;ヽ
      `;;;;;;;;;;_]  (__人__)  [;;;;;|
       `ゞ_ヽ_`_⌒´  _/.ィ´
      .ィ、:;:ГЩ[=| ̄ ̄i=]Щゝ.

119 おぷ~な ◆gph8uxcaQ2 2011/03/27(日) 01:41:03 ID:CJgUXUjk

         ‐´ ̄ ̄ ̄ ̄`‐、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
       |_三三{〔□〕}二{〔□〕}ェ|  おや?
      /;;;;;;;;;;;「 (-) ̄(●)`i;ヽ 見覚えのある顔がいるお
      `;;;;;;;;;;_]  (__人__)  [;;;;;|
       `ゞ_ヽ_`_⌒´  _/.ィ´
      .ィ、:;:ГЩ[=| ̄ ̄i=]Щゝ.
      / `iヽ_ト「二||| ̄ ̄`il「lニ|イi゙ヽ
     /   |l |.二|| 「二||二|| |ニ||:;} |
     /トーニ」 |.  || |.  ||. .|| | |}Lニ」

120 おぷ~な ◆gph8uxcaQ2 2011/03/27(日) 01:41:17 ID:CJgUXUjk

        /   ,イ^ヽ _米ソ_ _ \  \
        〈   /´.:,.:. :.:..:::::::/!:!:::::.:.:.\jkヽ  \
         `y' .:.::::/::,.:::::::::::/::lノ::::::、::ヽ::ヽ. t、__j
         / .:.:::::/::/.:::::::::/::/:ト、:::::`,:::!::::| !:ト、 /
         |.:/.:.:/、/.:.::::,イ:://ハ::ヽ:;;:ヽ|:::::!/::::.:イ
         l/トト,!::::仁ニヽ'´ , -‐<:::::::!::::|{::::::.:.|
          〉V::i:|ヾトッソ  ´トッツ7::/::::/ !:::.:.::|
          /,.ィ´ ト、' ' ' 、  ' ' ' /::,::イ /:::::::.:.|
         ,イ: :|  |/ >、 _ 0_, .イ´7  /: :  ̄`ヽ
        _ノ: : :j  j!   \ フ/  !  |: : : : : : : :.\
     ,r‐'´/: : :{ 米|   ,ィ介   | 米|: : : : : : : : : : ゝ、_
    ./ :./: : : : :.i   |   //小   !   |: : : : : : : : : : : \:`ヽ
   〈: .: :ー‐-: 、:i   |   // }。j 〉  !   |.: 、: : : : : : : : : : : ヽ: |
    \: : : :``ヽ| 米| // f。,リ」  /,米|:.:〈ト、: : : : : : : : : : : i:.|
      ,ゝュ_: : : j  ト、    }。j  /   |こ〈::.\: : : : : : : : ,イ/
 .    / 厂`ヾji|  |7こf乙f。|乙j{    |乃 !:::.:.:〉-r‐rュ_ ノ:/\
    / /     `! 米|二乃Y7;;;;;;乃〉 米厂:.`i.::::厂``爪ト、:/: : :.|
            【召忽】
史実では管仲と共に公子糾を補佐する名臣
鮑叔と同じクラス

121 おぷ~な ◆gph8uxcaQ2 2011/03/27(日) 01:41:36 ID:CJgUXUjk

        / ,.ィ´ ̄:  ̄`ー--、* \       \
       //: : : : : : : : l: : : : : :.\   ヽ     _>
      /: : : : : : : : : :l:..:l: : : : : : : :.:ヽ. ∧  /,.ィ´  やる夫じゃないですか
    〃,'/: : : : /: : : :.:l:.l:.l: : : ヽ: : : : : :',*! /´: :!
.     l/!: : :.l: :l: : : : ://l:,'、: : : :ヽ: : : : :.! l/: : :..:l   本の虫のニートやる夫が武器なんて持って
    ,' l: : : l:.:l:_:// / ,ム-、-、:l: : : : :l l':..: : : :',
    l '; : : l:.l:/`'/ / ´  ` `ー!: : : / l: : : : : :.',  武器を持って何ををする気ですぅ?
.   _,'Vi ヽ: :ヘx=ュ、    x==ュ、/: :// /: : : : : : :ヘ
  /<//l、 \ヘ    ,     ///*/: : : : : : : : :ヘ
  ヽ//{∧ l `ヽ   r┐   '´/!   !__: : : : : : : : :.ヘ
.  / //'l | \! * l.>.`,  ,. <イ/  / `>ー、: : : : : : :
  / l_| |_!  ヽ   l: _,.ィ `´ィ'´   !   l (:::::::::ヽ: : : : : :
. /    ,ィー-.‐l:l   ! 《´ 示ミ、ヾ/.*/ r‐':::::::::::::', : : : : :
/     /.:::::::::::,':::! / ゞイ/〈lミヾ,l.  l  〉::::::::::::::::l: : : : :
        ,':::(l /  // ( l l`''l   ! (::::::::::::::::::::! : : : :

122 おぷ~な ◆gph8uxcaQ2 2011/03/27(日) 01:41:46 ID:CJgUXUjk

           .‐´ ̄ ̄ ̄`‐、
         /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
         |三{〔□〕}二{〔□〕}三_|  もちろん戦争だお!
        /;;;;;;「(●) ̄(●)`i;;;;;ヽ.
        ト;;;;;]   (__人__)  [;;;;;_/_ 王軍に入れてもらったお!
       ,,.-イ`ゞ.i^i `.⌒´___/_ィ´
    ,r=´`ヽィヾl{r=、} ̄ ̄i=]Щ フゝ.
   /´!,.、./´ ̄"トニイi`~ ̄`i|「二>´~゙ヽ
   ゝ、_`_二.ヽ'iドィメ、 ||二|| /.;;/   }
        「||l|.|ト、_.`ドー.|ト、 ̄\./
        Ll_l 三ヾ   /r´ \/|_|

.   / * /:.:.:.;.:.:.:.:.:.:.:`ヽ、
_、 /  /:_:_:_:/:.ィ:.;:.:イ:.:.i:.:ヽ  偶然ですぅ
/:Vi * !:.:.:.7≧メ-‐/ィ/:.:.:.:.',
:.:.:.{   {.:.:.:i:! f:t7 ´ノハ:.:i:.i:.:l 召忽も同じ隊なのですぅ
:.:.:.i * ト、:.:.、 xx`  fヌ〉:!:ル'
:.:.:.ヽ  {: .\ゝ 、 _ ' x'.:/
ィTえ! * '; : : .__ .ィ´} '
::::::::::::{  トv':.:.:.:.:.:l { ! 
::::::::::::::{ * }/!`T!、:.!ハ {

123 おぷ~な ◆gph8uxcaQ2 2011/03/27(日) 01:42:02 ID:CJgUXUjk

          ', ,. イ.::; .:.:.,     .:.:.::::::::::.`ゝ、
           V/.::/.:.:/      .:.:l:! .:.:::::::::.`ヽ _」 _
          /. .,.ィ.:.::/    .:.:::::::.:.  .l:! 、 .:.:.:::::::::.`、下 .!
         /.:/ .::l:!.:./   .:.:.:.:::::::〃.:/::!::::.:.、 .:.:.:::::::.`、 /
        ./.:/ .::::l:|.:.:.  .:.:.:.:::::::::〃.:/.:::ト、::::.:.ヽ .:.:.::::::::Vヽ
        /.:/ .:.:::::l:|.:.:. .:.:.::::::::://.:/.::::ハト、.:.:::::', .:.:.:::::::!.::.',  よろしくですぅ
       ./.:/ .:.:.::::::i:|.:.:'"´ ̄`>' /.:/.:::/ __  ヽ .:.l .:.:.:::::!::::::',
       l:::ハ .:.:.:::::::リ.:.:.:.:::::/ ノ.::/.:::/ ´  ̄` V:l .:.::::::j:::::::::
       |::| ',.:.:.:::::.ヽ`,≧三ミ、 /:/´ ¨`___   リ .:.:.:::/l.:::::::::
       |::|  ト、.:.::::::::.Y ´¨¨¨`     ,.ィヌ三ミx / .:.::/ リ::::::::::
       ヽ! {i \.:.::Λ ''''        ´"¨¨` /.:.::/ リ:::::::::::
         {i _」 _ハ .::ゝ    `       '''' /;:イ   リ.::::::::::::
         {i 下 j} 1.:::ト、   ` -ー      ノノ_」 _  リ.:::::::::i::::
         {i   j}. \.:.:::>.、        ノノ 下 ,.イi::::::::::|::::
         {i   j}  ,.'´   ``ニニニ"´ノノ   ,.イ:::i:l::::::::::|::::
          {i  jレ' -米‐ 「:に>介フノ_」_  ,..イ.:.:l::::l:l::::::::::|::::
          \〈    ノノl::,.ィイ.:/  下イ .i.::::|::::l:l::::::::::|::::
            ``~~´ ``フ.:::/ ,.'"´    .i.::::|::::l:l::::::::::|::::
                 /::/ ,.'´ ,r‐‐y‐─ ュ、::!::::l:l::::::::::!::::
               /フ ^Y´ ,.r'".:.:.:.:::::::.:.:.`ヽ\:::l:l::::::::::!::::
              //シ'  j! ,〃.:.:.:::::::::::::::::::::::.:.\\!:::::::::!::::
              //シ'  j! 〃.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:\\.:::!::::

124 おぷ~な ◆gph8uxcaQ2 2011/03/27(日) 01:42:12 ID:CJgUXUjk

                 ,  -‐―‐ 、
               /,  -―‐-、\
             // ,.  -――‐\\
.              // /::::::::::::::}、ヽ :::: ヽ._> ところでその鎧はなんなんですぅ?
          / _」 /:::::::::::_:/ ヽ}___」_,
.           ∠__`ト辻:::::::'´_/   ノ◯' !  かなり奇妙ですぅ
           / ::| |l{ ̄ ̄‐◯      }i
          / ::: | |lト、         ̄Z /l|
          /:::::::::| |l|__ヽ、       ´ /| l|
         / :::::::::,i |l| <l ` ー―一 '^!、| l|
        / ::::::/ ! ll| <|  | ̄ >ロ<_}|>| l|
       / :::/   | |l| <|   ̄ ,イト、 |>| l|\

125 おぷ~な ◆gph8uxcaQ2 2011/03/27(日) 01:42:29 ID:CJgUXUjk

          ‐´ ̄ ̄ ̄`‐、    
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
       |_三三{〔□〕}二{〔□〕}ェ|     アマゾンでかったんだお!
      /;;;;;;;;;;;「  ⌒  ⌒ `i;ヽ
      `;;;;;;;;;;_]  (__人__)  [;;;;;|    オマケでよくわからない黒い槍もついてきたお!
       `ゞ_ヽ_`_⌒´  _/.ィ´
      .ィ、:;:ГЩ[=| ̄.__r'゚lニニニl]_ _____/l
      / `ifニニニllニ|三__[ l===ニニl]}||||||||ll]}コl|===iニコ
      |   |l_,=-'~/ ̄ヽr」'''ニ「_,,,ll´i´i`i。_]三i三i
      トー"、」|,/\_シ'´ || |:|ll_[:l  /
      ゞ´//゙ト、_/.  ||. .|| |.`´/ー´|
      「`ト、_i,./|_|_||_||_|__| ト-‐"l
      L__」_l 三三三三三三三l`ー-イ
      r‐--ィ"゙l_Iト        イ |}⌒li
      ト‐-+/~'|.ト、____/  |二ll
       || | |三三イh三三三三|_|
       |ト‐‐<三三/ |      |

127 おぷ~な ◆gph8uxcaQ2 2011/03/27(日) 01:43:20 ID:CJgUXUjk

王軍は西に向かう。


                                  ノ  / /  ̄|   `ヽ
                                ,,_ノ   `′  (_,、  `ヽ
     【晋】                        (_  ,‐-っ,     く   `|
                   【周】       ☆臨シ`‐´ /´     )  /
 ○上陽 【カク】                 【斉】     /       レ´
 ○下陽    ←←←←←★成周               く,,_
                                     \     
                                      `>    
                                       >
                                       し、_
                                         |
                                        ノ´
                                       ノ
                                      |
                                      ノ
                                     ノ
                                   ノ´
                               ,、_ - ‐´
                            _,, -´
                      / ̄( /´
                    _/    `´
                    /

128 おぷ~な ◆gph8uxcaQ2 2011/03/27(日) 01:43:30 ID:CJgUXUjk

         ‐´ ̄ ̄ ̄`‐、
      /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
      |_三{〔□〕}二{〔□〕}三_|  一体どこに向かっているんだお?
     /;;;;;;;;「(―) (―) `i;;;;;ヽ.
     `;;;;;_]  (__人__)  [;;;;;_/_ 召忽は聞いているかお?
     `ゞ_ヽ___`_⌒´___/_ィ´
     .ィГ Щ[=| ̄ ̄i=]Щ フゝ.
    /`i:ヽ ト「二||| ̄ ̄`i|「二| イi ゙ヽ
    /  {::;l |.二||「二||二||.二| |:;}  |
   /トーニ」...|.  |||.  ||. .||.  | }Lニ 」


           _ -―´ ̄ ̄ ̄`ヽ、
          ,/ ,===''⌒''== 、、
        / ,=          ヽ  まったく情報がないのです
       /  ,='  _  ∧_ _,,
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_   おそらく晋に向かっているとおもうのですぅ
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ
         |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/
  r"      | |{i t    _     / |
 (   =‐'  | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |
  ゝ-'     // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |

129 おぷ~な ◆gph8uxcaQ2 2011/03/27(日) 01:44:05 ID:CJgUXUjk

        【晋】
黄河の北にある大国
本家と分家の争いがやまず分家が本家を圧倒中。

   ‐´ ̄ ̄ ̄`‐、
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
|_三{〔□〕}二{〔□〕}三_|   なるほど晋か
;;;;;;;(●) ̄(●)  `i;;;;;ヽ.
;;;;;_ (__人__)    [;;;;;_/_ 晋の非を咎めるための遠征かだお?
`ゞ_ヽ_⊂ ヽ∩___/_ィ
  |  |  '、_ \ /  )
  |  |__\  “  /
  \ ___\_/

130 おぷ~な ◆gph8uxcaQ2 2011/03/27(日) 01:44:15 ID:CJgUXUjk

           / ̄\
             |    |
           \_/
             |
         /  ̄  ̄ \      オイそこ!
        /  ::\:::/::  \    
      /  .<●>::::::<●>  \   オシャベリしてて楽しそうだな!
      |    (__人__)     |
      \    ` ⌒´    /  俺も混ぜてくれ
       /,,― -ー  、 , -‐ 、
      (   , -‐ '"      )
       `;ー" ` ー-ー -ー'
       l           l

         ,イ
         / |            ━┓¨
     ,r‐、λノ  ゙i、_,、ノゝ       ━┛
      ゙l   / ̄\    ゙、       ━┓¨
     .j´  |    |     (.        ━┛
      {.   \_/     /      ━┓¨
      )    |       ,l~    ━┛
       /  ̄  ̄ \
     /  ::\:::/::  \
    /  <●>::::::<●>   \
    |    (__人__)     |
    \    ` ⌒´    /

131 おぷ~な ◆gph8uxcaQ2 2011/03/27(日) 01:44:26 ID:CJgUXUjk

                   ____
               _ r- /      \    す、すぐに隊列にもどるお!
             ,r'´ ,r/        \
            / ,/            \
          ´ー,r' ,|                |
            |.:| |.\             /
           .ソ ̄ ̄ ヽ         :::i
           (____,       ::::|
            |:| |::.リ ..│         ::|
            |{ |:::リ  |        ::::|
            |:| ∧ 、 |        ::::|
            |:i* |:::::::::|i|        ::::|

132 おぷ~な ◆gph8uxcaQ2 2011/03/27(日) 01:44:46 ID:CJgUXUjk

~上陽~
【カク】の首都
周に代わって軍事を司る大国。


       ,. -――‐- ._
     ,. '´ /⌒ヽ /⌒ヽ `ヽ
    /    !  o l_!o   !   ヽ
..  /  ,. ‐へ_,ノ-ヽ__ノ‐、  ヘ ふふふ~
  ,' / ``'''ー-  ゙、_,ノ  -‐''" ヽ  ',
  ! l  ̄ ̄_   |   _ ̄ ̄ l  |
  l l ‐弋´   |   `~フー ! l
.  ', ',    >-、_ | _,. -'"   / /
   VV  {   )  ̄      / /
    ヽ/ `ー'_____,//
    /    /--/⌒ヽ----┘、
    l     /  ヒΤフ  ヽ  \
         【カク君】

133 おぷ~な ◆gph8uxcaQ2 2011/03/27(日) 01:44:56 ID:CJgUXUjk

    / ̄ ̄ ̄ ̄\,
   /_____  ヽ
   | ─ 、 ─ 、 ヽ |  |  陛下~
   |  ・|・  |─ |___/
   |` - c`─ ′  6 l  王軍が到着したよ!
.   ヽ (____  ,-′
     ヽ ___ /ヽ
     / |/\/ l ^ヽ
     | |      |  |

             _
          /  ̄   ̄ \
         /、          ヽ やっとお出ましだ
         |・ |―-、       |
        q -´ 二 ヽ       | これでヤツに報復できる
        ノ_ ー  |     |
         \. ̄`  |     /
         O===== |
        /           |
         /    /      |

134 おぷ~な ◆gph8uxcaQ2 2011/03/27(日) 01:45:07 ID:CJgUXUjk

カク君は西方の諸国を総覧する立場であった。
しかし、ゼイと言う国がお家騒動でゼイ君が追い出される事件が起きた。
そして魏に亡命した。

. 、___________
  、>              .|
  >________   .| ちくしょう・・・・覚えてろよ!
   ̄   .|./_   _\ |   |
      | /  ヽ/  ヽ |  |
.      | | / | \  |  V⌒i
      |.\  人__ノ   6 |
     /  ○        /
.    ε             厂
    \    _____/
      ̄ ̄, -/へ/\/`- 、
       /./  ./op    i. \

135 おぷ~な ◆gph8uxcaQ2 2011/03/27(日) 01:45:23 ID:CJgUXUjk

そのゼイ君は本来ならカク君に仲裁を求めるべきであるが、秦の
寧公に密使を送った。

           ( ⌒ ⌒ )
           (     )
           (、 ,   ,)
             || |‘
         / ̄ ̄ ̄ ̄\
         l ∨∨∨∨∨ l
         |   \()/   |
         (| ((・) (<) |)      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         |    ⊂⊃   |    /
        | .| ⌒ \.l/ ⌒ | |  < そういう不義はゆるせねぇな!
      / |. l + + + + ノ |\  \
     /   \_____/  \  \___________
   /   _              \
  // ̄ ̄(_)               |
  |ししl_l  (            |    |
  |(_⊂、__)            |    |
  \____/              |    |

136 おぷ~な ◆gph8uxcaQ2 2011/03/27(日) 01:45:36 ID:CJgUXUjk

しかし、さすがの寧公もカク君を出し抜くのに抵抗があった。

      ______
     r' ,v^v^v^v^v^il
     l_/_jニニコ_iニニ!.
       ∩___∩
       | ノ      ヽ
      /  ●   ● |
      |    ( _●_) ミ  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      彡、   |∪|  ミ < こりゃクマった
      ミ     ヽノ /    \_______
     l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l
    i~^'  fエ:エi  fエエ)Fi
    ヽr      >   V
     l   !ー―‐r  l
 __,.r-‐人   `ー―'  ノ_
ノ   ! !  ゙ー‐-- ̄--‐'"ハ ~^i
 ヽ ! ヽ、_     _.ノ  i  \
ヾV /              ! /.入

137 おぷ~な ◆gph8uxcaQ2 2011/03/27(日) 01:45:47 ID:CJgUXUjk

そして周王に使者を送った。

                 ヽ !| ! ,- -、 / !,' /
                  ヽ`ヽ.l:`;';;| / ,'/
                 ヽ (::___:;;) /
                 ,'       ',.
                フヽ ヽ /  /l
                ,' ヾゝ   ィフ ',
                | _    ' l    __L_
             ' ´ニt-_  ‥  , _メ 、_
             '´   _ィl ー┴-'ヽ''i `i- ,,_
                ,:;':' | |''_ -',/.  ',  `'''ー--;;、
              /,' /, |゙  ,:;''-、,.-´   ./ ´ `:、
             _,.:!ヽ!ヽ,! lヽ!/./  `-,  /      i
           / _,i゙-, l-:、_i"| /    ,.:'  i        |
           i ./.| (ヽ Ti |:i _| ,'   ,:'     |         |
            |.,' | .|´'i'゙`,‐/ ,'  ./    、i       |
             【周王】
一応中華の盟主。だがほぼ威光はない。

138 おぷ~な ◆gph8uxcaQ2 2011/03/27(日) 01:45:59 ID:CJgUXUjk

周王はカク君を牽制するために夏に王命を発した。

. ヽ. | !.|        ,' ! ,'/
.   ヽ !| ! ,- -、 / !,' /
.    ヽ`ヽ.l:`;';;| / ,'/
.     ヽ (::___:;;) /       . ,-、
.    _ ,'       ',. _    ./// ゼイを攻めてゼイ君を帰還させよ。
.     フヽ ヽ /  /l  .∩,///
   ..,' ヾゝ   ィフ ', :...|/二ヽ.
.    | _    ' l    __Lヽ| | ソ |
. ' ´ニt-_  ‥  , メ  ;ヽ (   |‐、
. '´.,-、.._ィl ー┴-'ヽ':,ヽ、 .ゝ、,,,..|.゛;ヽ
  ..ヽ',  |::,-.." ." ,/|/  /ゝ‐'\ ノ
  , ‐'‐'‐'||__,,,.'   |   | |ヽ   \
  |   /:::::::/   |  //:..ヽ    \

139 おぷ~な ◆gph8uxcaQ2 2011/03/27(日) 01:46:12 ID:CJgUXUjk

王命を拝した寧公は晩秋にゼイを急襲した。
                 ,rt、     ,-‐、             | ,rt、      ヾミ           |二|
           ハハ彡 /ト'ヾヽ   l=j, (,、        i`i`彡0fト'ヾヽ          ヽミ彡/       |二|
 ゞゝ──ゝ  /、 ゝX  彡ゝoノ ハハ/ソ/⌒ゝ       / ゝ 彡ゝoノ         /|  iヽ       |二|
        ( ' Y''''ノ\  彡 /、 ゝx彡ヾ > )、__ノ彡ミ= | 、ノ  彡くミヽノミ=       o,|   ||ol.      |二|
         `‐' ̄\ ヽノ  ( ' Y''ノ 彡く/彡'  \   `‐' ヽ____/ゞ | ヽ   へ  /〈|`‐' |〉      |二|
''''''''""""" ̄ ̄ ̄   〉____,/ | `‐'ヽ ヽノ |// |   |      |川リ ー'  |  ,;' ) / c|、____, |っ へ   |二|
"""" ̄ ̄     /\|リjilji   丶ゝヽ〉____,/ゝヽー'   /      | y ノヽ | / (ヽ   | 川リl |  ,;' ).   |二|
-‐ _,,. .-‐   ヽソゝゝ     `''' 川リ|  `''' ,'ヽ 丿  /\// //  ヾ|      ヽ |ー| / / (ヽ / |二|
 -‐ _,,. .-‐  ,-‐'''" ゝ  ノ-ー'7ゝ ゝ  ゝ' ヽ ヽ   ヽソゝ/ //   /ゝ      ノ ゝノ ゞ   /ヾ, ヽ'
 _,,.    -=━━| -ー / 彡   /  / / . .. ヽ 〉  ノソヽ/ゝ     .  .   /ゝ /ゝ  /⌒、ヾ
    -‐'''""-‐'''ヽヽヽ/ / .:-‐' / // /   .  // / ゝ /ゝ   //            ||()|(\ヾ
    ,,,-‐'''""  _,..:-//,..:-‐'"// //_,..:'_,..:'  /ゝ/  < <       /       /    || |(丶|
-‐'''"",,,,,       /ゝ    /ゝ  // _,..:'  /      ゝ`    /      /     / ||()|(丶|
-‐'''""_,..:-‐'"_,..:-‐'"          /ゝ      /       / / /   // / // /  \|(丶|
_,..:-‐'"_,..:-‐'"_,..:-‐'"_,..:-‐'"_,..:''   _,..:'  /   /  //  / /     /  /  / /    \\|
注意:この時代では騎乗は野蛮です。あくまでイメージです。

140 おぷ~な ◆gph8uxcaQ2 2011/03/27(日) 01:46:25 ID:CJgUXUjk

楽観的に構えていた寧公はこの後地獄を見るハメになる。
                    ''';;';';;'';;;,.,                  ザッ
                       ''';;';'';';''';;'';;;,.,   ザッ
          ザッ            ;;''';;';'';';';;;'';;'';;;
                        ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;
                        vymyvwymyvymyvy     ザッ
               ザッ     MVvvMvyvMVvvMvyvMVvv、
                   Λ_ヘ^-^Λ_ヘ^-^Λ_ヘ^Λ_ヘ
     ザッ            ヘ__Λ ヘ__Λ ヘ__Λ ヘ__Λ
                __,/ヽ_ /ヽ__,.ヘ /ヽ__,.ヘ _,.ヘ ,.ヘ    ザッ
    /\___/ヽ   /\___ /\___/ヽ _/ヽ /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\/''''''   '''/''''''   '''''':::::::\   /''''''   '''''':::::::\
  . |(●),   、(●)、.:|(●),    |(●),   、(●)、.:|、( |(●),   、(●)、.:|
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|   ,,ノ(、_, )|   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|_, )|   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
   |   `-=ニ=- ' .:::::::|   `-=ニ= |   `-=ニ=- ' .:::::::|ニ=|   `-=ニ=- ' .:::::::|
   \  `ニニ´  .:::::/\  `ニニ \  `ニニ´  .:::::/ニ´ \  `ニニ´  .:::::/
   /`ー‐--‐‐―´\ /`ー‐-  /`ー‐--‐‐―´\-‐‐ /`ー‐--‐‐―´

141 おぷ~な ◆gph8uxcaQ2 2011/03/27(日) 01:46:35 ID:CJgUXUjk

準備を整えていたゼイは奇襲を予想しており、秦軍を撃退した。
,,〟                       \,        ,,〟
'\         ヒュン                      '\
.  \,                      ,,〟          \,
                            '\
             ,,〟             \,ヒュン
               '\     ヒュン             ,,〟
               \,           ,,〟       '\
      ,,〟                      '\         \,
      '\/■\     /■\        \,      /■\
    ,,,__( ・Д∴;;.   ( ゚Д゚ iil)             ,,〟(;・∀T)
      と(  .;' と)    / つ_つ          ,,〟 '\/ つ_つ
       ノ     )     人  Y      /■\/'    人  Y
      (,_,ノ(,_,ノ     し'(_)  ⊂⌒(llii;Д;)⊃   し'(_)
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∪ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

142 おぷ~な ◆gph8uxcaQ2 2011/03/27(日) 01:46:48 ID:CJgUXUjk

敗北した寧君は周王に敗戦の報告と援助を申し入れた。

 \ | ̄|□□ | ̄|□□ |____ | /
 / |  |_ | ̄   ̄ ̄| ┌┐// \
 \ |  _|  ̄|  | ̄| |  | | ̄ /
 / |_|    |_| |_| ノ /   \
  ̄/    , ────-  ̄ _| ̄
    ̄  //V:V:V:V:V:V\,
   )   ||::::::::::\:/:::::::::||   (
    )  ||::::(×):'':(☆)::::||  ( (
  )三三)::::::::::(二二)::::::::::(三三 (
   ) _ /::/ヽ/::::::\/ヽ::ヽ_ (
  / |:::::|//|\:/|\\|::::| \
 /   ヽ// ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\\:  ヽ
 |   //、\__(二 二)__//\\ |
⌒ //   `-─--─-- ′   \\⌒

143 おぷ~な ◆gph8uxcaQ2 2011/03/27(日) 01:47:04 ID:CJgUXUjk

そして今回の王軍の出動となった。

               ',.::::::! !   / /.:::/
               ',:::::| |   / /:::/
                ',:::| |_/ /.::/
                 ヽ!「 _ V /::/
                 ',」 ___,)  レく
                "´ V      `ヽ      王軍の力を見せてあげましょう
                   ! , '      ヽ
                 ! ' ,.ィ        ミ
                  ',  `"  ,.  -‐┼ '
                  /    ィ´,.  -‐十 ''
                  〈    ノ´   ,.  、
                  `ーく_   ,.イ     、_
                 ,.;'" ,'  i`y'´        ̄ `''=:、
                // ,'-:、 |-‐フー-=ニ    ,.;-'"  ヽ
              _,.-',`-i"`i ,' .`i.,.:'/   ./ ,.-, /        i
            ,r'  i-、!"'、r-'"i゙ ./   //,.:'-"       |
           ,:' / r''l__ri"r| i"'、|./   r-"-く_        .i
          /__,,,!__| |  i" 7 /.i  ,!゙-ニ_''‐、'`:、..      /
.       _,.-:;'r'゙,.',:-'  `''―:'-'-'---!-',r‐-,,,`‐:、)‐'     ,,:'

144 おぷ~な ◆gph8uxcaQ2 2011/03/27(日) 01:47:28 ID:CJgUXUjk

        ,  ───  、
     /   /⌒ヽ⌒ヽ\
    /     , ┤  ‘|‘  |、 ヽ   まぁ、王軍が出ればゼイの奴らも
.   /   /  `ー ●ー´  ヽ
   l   /   二   |  二  |  観念するだろ
   |  l     ─   |  ─  l
    l  |        |   ) /
    ヽヽ   / ̄ ̄ ̄ ̄ /
     〉━━,-、━━━━く
     / / ヽフ    \.   ヽ


         ___
      /   - 、 -、\
      /   , -|   | |-ヽ 俺を蔑ろにした報いを
.     i  /   `- ●- ′ |  
      |  i   三 | 三  | 思い知らせてやる・・・
.      | |.   __|___.)
      ヽヽ /      /
       ━━━━o━━
       /  /    \ |

145 おぷ~な ◆gph8uxcaQ2 2011/03/27(日) 01:50:35 ID:CJgUXUjk

         / ̄\
        |     |
         \_/
         _|__
       /::::::::::  u\    はたして、陰謀渦巻く秦、周、カク、ゼイの駆け引きの世界に
      /:::::::::\ 三. /\ 
    /:::::::::: <●>::::::<●> \ 巻き込まれたやる夫の運命はいかに・・・・
    |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒  | ________
    \::::::::::   `⌒⌒´  ,/ .| |          |
    ノ::::::::::u          \ | |          | 次回のやる夫の活躍にご期待ください。
  /:::::::::::::::::      u     | |          |
 |::::::::::::: l  u             | |          |
 ヽ:::::::::::: -一ー_~、⌒)^),-、   |_|_________|
  ヽ::::::::___,ノγ⌒ヽ)ニニニ    | |  |

146 おぷ~な ◆gph8uxcaQ2 2011/03/27(日) 02:10:47 ID:CJgUXUjk

                 / ̄\
                 |    |
                 \_/
     カタ          /    さて、だいたい3回目くらいの今回のコラムでは
       カタ    /  ̄  ̄  ̄\
  < ` ヽ 、    /         .\ 春秋時代の戦争における馬の扱いを兵車を中心に取り上げます。
  /`ヽ、  ` ヽ、 <●>::::::<●>     \
/    `ヽ、/ i   (__人__)      |
`ヽ、    / i  i、  ` ⌒´      ./
 ! `ヽ、i    i  i ヽ、 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄i
 {`ヽ、  i     i  i#`ヽ<⌒ヽ、/ .ノi
 |   `ヽi     i  i####>`ゞ_、_,,/:::i
 `ヽ、   i     i/ヽ//:::::::::` ヽ、::i

147 おぷ~な ◆gph8uxcaQ2 2011/03/27(日) 02:11:04 ID:CJgUXUjk

皆さんは、馬にまたがった武将が雑兵どもをなぎ倒す・・・というのが中国の戦争の
イメージでは無いでしょうか?
                             r       ィヽ
                             | ヽ.     / / |
                            _ j  vl!,⌒ `'ノ、ノ
                           ィ!::::|ゝ'  \ゞ\\
                          ' /| :::|ノ    iゞ、.ヾ! ヽ
                       ,/ / |!__|     ゞ,..ノ`ヽ,リ
                     ,. '  '   |! ! イ!rz         ノ'
                    イ    ノ' ″ ||    ゝ   ,  !
                  /       レ'/  |r=ォ     i   _j._ l!
                /  /! l!レ''"/  ハメ\   /,. --ヽ
         ____ ,./ イ /ノ!L,ノ /  ∧| \:::\r/:::/ヽ.   !′
     ,  "´       7/ノ/     /  /  ゞ.._ \::rt::/  ヽ ゙ 、
   /         /        '     '     `rーゞラ rャ    i
  /  ,/      '      /     /      /   ヽ..:.:ゞ!、,.._ ,.:j
./  レ       '              ,     /     ゝ':.´: : : ./
'   '        i        ヽ            /      ` ニニフ
  '                          ∧
  l       :::l                    イ l
  l       :::|         ,,          /   |
  l       :::|    /    ヽ       '    |
  l!       ::|          ヽ    /    ,.′

148 おぷ~な ◆gph8uxcaQ2 2011/03/27(日) 02:11:18 ID:CJgUXUjk

乗馬が一般的、といいますか軍事に取り入れられたのは、
趙の武霊王が胡服騎射(異民族の服を着てホースアーチャー)
を始めてからです。これはやる夫の時代からだいたい400年後です。

   、        ,
   {ヽ  ,,,,,, __,ノ}
   ヽ. Vノ巛(  ,ノ
    レ彡ノ川 | ヽミミ 、
   / く 〉リリ  | 川ヾヽ
 .  {=、 `'  ィ=、|リリ川ヾヽ
   ゝ'     `ィ 川川川リヾー-
   |       } 川川川リヾヾ
   | }   :  ノ|  川川リリリヾ
   ∥ |  / //  リリリリリリリ
   |l. ;  : ,'.,'
   |ゝ-ー-、ノノ ぶひひ~ん
   @1⌒ヽ.ゝ
   `ト、 :;;;イ}t'|
    ヽ.}::_ソ |
         |

  ヽ、、  、、,r;、  ノ|
   ヽ丶、ツノハヾミく ノ
    ゝ彡" ,へ ヾミ、 それまでは、騎乗は野蛮な異民族のするものであり、中華の世界では
    "/l l ヽノ  ,ヾ 野蛮とされてきました。
     ハぅ、  {!   fj、
    ,イ{ト、i   jl_   jl
   "'イl lヽ, '´ ハ`ヽll
    jlト、y'  { j  jl
    ,jltぅヽl r; 八、}ヌr、
 ,. -"7l   ヽ ヽノ jヽ. ヽ、
'"  / l   ,ゝ--',}  ヽ. `
  /   i   "`''''´ i    ヽ

149 おぷ~な ◆gph8uxcaQ2 2011/03/27(日) 02:11:28 ID:CJgUXUjk

ではどのようにその時代は馬を使っていたのでしょうか?


                 __ノ
       ,、 ノ\,.へノ`ー-、_)
    `ー'"| ~       ,,.--、_
       |    ,.、 / ,r'^"  ミニー、
       |    ,i r`テY)^'      ! ヾ ヽ
       |    i; ~o レ     |  ト、!
       |   ノ  ,ィ'"     / ,l!
       | . /。,,.. /.! /、~ |  ,/ /
       |   `'ー''" | | | |  | ,!
       |       | ,!  i  ! | |
       \    /ー|  |__|.-|__.|
        \   `ー'  L,,,|-キ__|

150 おぷ~な ◆gph8uxcaQ2 2011/03/27(日) 02:11:40 ID:CJgUXUjk

それは、ずばり、戦車です。

兵車 ともいいます。
         ∧,,,      ∧,,,
        (゚-;;゚#) ∧,,,  (#゚;;-゚)
<×=━━O━と;:)(#゚;;-゚) /i:i:つ、
          |‐--、.つニl:l=]‐l>\   ハハ__ハハ__
        / ̄\ ̄ ̄ ̄ ̄|    ー-ミ ゚_')゚_')
        |‐○‐|  (ニニニニニニニニ) ノ " ノ
        \_/-------´  || ̄||^||´||^||

2~4頭、(2頭が一般的)の馬で車輪のついたハコを引っ張る、
当時のまさに戦車でした。
ちなみに、だいたい戦車一両あたり40~70人くらいの随伴歩兵がいます。
                                           ∧,,,
                                     ∧_,,,    (#゚;;-゚)
 ヽ ̄/∧,,,   ヽ ̄/∧,,,    ヽ ̄/∧,,,   ヽ ̄/∧,,,  と(*゚д゚)廿 /:;:;つ、
 / \(#゚;;-゚)   / \(#゚;;-゚)    / \(#゚;;-゚)   / \(#゚;;-゚)  |‐--、;:つ (;メ:::;| \   ハハ__ハハ__
 ヽ_(;:つxl   ヽ_(;:つxl   ヽ_(;:つxl   ヽ_(;:つxl  / ̄\ ̄ ̄ ̄ ̄|    ー-ミ ゚_')゚_')
  ~(;:メ;:;:;:|     ~(;:メ;:;:;:|     ~(;:メ;:;:;:|     ~(;:メ;:;:;:|. |‐○‐|  (ニニニニニニニニ) ノ " ノ
   (;:/´l;:ノ       (;:/´l;:ノ       (;:/´l;:ノ       (;:/´l;:ノ  \_/-------´  || ̄>^||´>^||
""" "" """ "" """ "" """ "" """ "" """ "" """ "" """ "" """ "" """ "" """ "" """ ""

151 おぷ~な ◆gph8uxcaQ2 2011/03/27(日) 02:11:56 ID:CJgUXUjk

だいたい、三人乗りで、貴族階級の人が左に座ります。


                    ∧
               <∧:::::::::]∨
               ( ・∀・)||
               〈_j::Y:i~O
                l::::::::,:::::l ||
               (__ハ_)|

152 おぷ~な ◆gph8uxcaQ2 2011/03/27(日) 02:12:06 ID:CJgUXUjk

次に、護衛の役割を持つ屈強な戦士が右に立ちます。
車右(しゃゆう)と呼ばれます。


             
                    ∧   ||__||_
               <∧:::::::::]∨  /;;;;;;;;;;;;;;)
               ( ・∀・)||   |;;;/´∀`)
               〈_j::Y:i~O ━/;;;;;;;;;;;;;;;)0━━━━||>
                l::::::::,:::::l ||   |;;;;;;;>;;;;;>
               (__ハ_)|   <__>_>

153 おぷ~な ◆gph8uxcaQ2 2011/03/27(日) 02:12:17 ID:CJgUXUjk

そして、その前に運転手さんが座ります。

                    ∧   ||__||_
               <∧:::::::::]∨  /;;;;;;;;;;;;;;)
               ( ・∀・)||- -´∀`)
               〈_j::Y:i~/ (● ●)ヽ;;;;;;)0━━━━||>
                l::::::::,:::::lゝ (_人_) ノ>;;;;;>
               (__ハ_/      ||>_>
                    |       |)
                    〉 |⌒ | l´
                   (__ノ  (_)

154 おぷ~な ◆gph8uxcaQ2 2011/03/27(日) 02:12:28 ID:CJgUXUjk

おもにこのセットになります。
武装は、これはまちまちですが貴族は弓、車右は戟(でっかい鎌みたいなもの)などです。



               / ̄\
               |    |
               \_/
                 |
              / ̄ ̄ ̄\    以上、以外に重要な兵車のお話でした。
        ,,,    /::\:::::::/::::  ヽ
      (_⌒丶   |<●>:::<● >  ヽ  ちなみに、この兵車が当時の戦闘力の単位でした。
        ヽ  ヽ } (__人__)     |
         丶   ´、 `⌒ ´    /   千乗の国といいますと、兵車1000台、つまり4~7万人規模の軍隊というわけです。
           ヽ,,,        、 ̄ ̄ ⌒)
             |         /''' '''""
             |          . |
             |        . !
             丶/ ̄     .ノ
              .|     _/
             (___/ ヽ_
                \_   .)
                  ( ._ノ

           ○
         _(__    =
        /::⌒ :: ⌒::\   = ではでは~
      /  ⌒ :: ⌒  \.  =
      |   (__人__)   |   =  ブーン
     ヽ~~~~~~~丶  =
      \:::::::::::\:::::::::::::/   =
        ◎◎ ◎◎     =

156 地震なんかに負けるなお! 2011/03/27(日) 02:35:38 ID:R.be0Tw6

乙です!

ラプラスは周の桓王かな? 外交のみの徒手空拳で諸侯と渡りあった
名君一歩手前の人なんだけどな……桓王の死後の周のグダグタぷりは泣けてくる


157 地震なんかに負けるなお! 2011/03/27(日) 06:05:55 ID:fhp04iOM

読みやすい構成ですな
鷲社ワロス


159 地震なんかに負けるなお! 2011/03/27(日) 11:25:51 ID:PJfv.5NM

乙です。追いつきました。
次回も楽しみにしています。
ちなみに私は宮城谷派というより陳舜臣派ですね。


関連記事



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yaruodeippai.blog.fc2.com/tb.php/395-a1fee8bd


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。